毎日無表情

常にフラットな気持ち

かもめ食堂ではカンペラ

広告

ヘルシンキ観光で必ず行こうと思っていたのが

 

かもめ食堂

かもめ食堂[Blu-ray]

かもめ食堂[Blu-ray]

 

小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさんの出演する映画の舞台である。

 

ヘルシンキのガイドブック、旅行記ブログには必ず取り上げられる場所である。

映画に出てくる日本食レストランを撮影したこの場所もまた、レストランなのである。

 

ヘルシンキ中央駅前からトラムに乗っていく。

f:id:jun_53a_t:20150816174447j:plain

トラムは3系統に乗り、viiskulmaという停留所で降りて4分ほど歩いた。

 

トラムの車内では、現地のおじいさんに

「どこまで行くの?」と聴かれ、停留所名の発音がわからないから地図を指さして見せると、

「3つ目で降りるんだよ!」と穏やかに教えてくれた。

 

特にこちらが困った素振りをしていない(つもりだった)のに、

アジア青年に声をかけてくれるヘルシンキ人には親切なイメージを抱いている。

 

viiskulmaで降りたらまだまだ明るい(19時頃)のに人が一人もいない寂しい道を歩いた。すると、

 

あった!

外観は映画で見たのと一緒!

ただ、中は少し暗め。

そして日本人ばかり!!

ヘルシンキに来た観光客はきっと全員ここに吸い込まれている。

f:id:jun_53a_t:20150816180622j:plain

中に入るも店員はおばちゃん1人のみで、入ってきた客に気を遣う間も無いほど忙しそうにしている。それだけ繁盛しているのである。

 

初一人海外最初の地で入ったレストランで戸惑う自分。

店の奥のレジでもじもじしていると、店員のおばちゃんがメニューを差し出してきた。

 

kampelaa(ヒラメ?ヒラメのようなもの?)を注文すると、

店員のおばちゃんはサラダバー、スープバーの場所を指さして、奥の厨房へと消えていった。

程なくして、厨房から中国人(おそらく)の女の子が料理を持ってきてくれた。もう一人店員がいたようだ。

 

ここはフィンランドといえど、特に変わった味付けもしておらずとても食べやすかった。

が、飛行機での寝不足などが祟って完食はできなかった。

f:id:jun_53a_t:20150816181630j:plain

値段は13€。

 

これ以上出歩くのはしんどいと思い、来た道のりを戻ってホテルへ入った。

 

KAHVILA SUOM

http://www.kahvilasuomi.fi/ala-carte-in-english

ここでメニューも見られます。(英語)