毎日無表情

常にフラットな気持ち

ロヴァニエミのサンタクロース村

広告

ヘルシンキからサンタクロース村へ行きました。

 

ヘルシンキ空港からエンブラエル機に乗ってロヴァニエミ空港まで1時間ちょっと。

f:id:jun_53a_t:20150823182535j:plain

フィンランドってほんとに森と湖ばっかり!!

 

 

f:id:jun_53a_t:20150823182757j:plain

ブリッジにはサンタクロースの絵も。

 

 

f:id:jun_53a_t:20150823183204j:plain

ロヴァニエミ空港からサンタクロース村までの行き方がどのガイドブックにも書いていなかったが、エクスプレスバスという乗り合いタクシー?のようなもので10分、7€程で連れて行ってもらえた。

この女性ドライバーが結構スピードを出していて怖かった。

 

 

サンタクロース村には、サンタクロースのグリーディングがあるサンタの館だけでなく、マリメッコイッタラのショップ、レストラン、カフェ、郵便局もありいろいろと楽しめる。

そして、日本人が多い!

もう、国内旅行をしているかと思うほど。

 

ここでしたことは

・お金を払ってサンタクロースと5分ほどの会話

・サンタクロースとの記念撮影

・日本に手紙を出す

の3つ。

 

・お金を払ってサンタクロースと5分ほどの会話

「どこから来たの?」と英語で聴かれ、日本人であることがわかると、

「トーキョー?オーサカ?」、「オーサカ ニハ トナカイ イマスカ?」

「プレゼント ハ ナニガ ホシイノ?」

など日本語でべらべらと喋っていた。

なるほど、商売魂がすごい!

 

・サンタクロースとの記念撮影

会話の最後に写真を撮り、サンタの部屋を出る。

すると、部屋を出てすぐに写真販売の妖精(という役割のバイト)が立っていた。

会話の様子を収めたビデオと写真のセットが確か40€だったはず。

自分はA4の写真1枚28€で買った。

 

・日本に手紙を出す

サンタクロース村には郵便局があり、日本へも手紙を送ることができるようになっている。

そのときにポストが2種類ある。

1つはすぐに発送してくれるポスト、

もう1つはクリスマスに届くように送ってくれるポストである。

ここならではのスタンプも押してもらえるので、ここへ行ったら手紙を書くのがオススメ!

 

 

他にもツアーの日本人と写真の撮り合いになったり、日本では見ないハエみたいなものにたかられりもしたサンタクロース村。

国鉄のロヴァニエミ駅までは路線バスがあり、それを利用して駅へ向かった。

 

f:id:jun_53a_t:20150823185443j:plain

(サンタクロース村の郵便局はクリスマスムードでいっぱい。)