毎日無表情

常にフラットな気持ち

初めての一人国際線

広告

朝早くからセミが精力的に活動する、8月。

 

ヨーロッパに向けて旅立つ日の朝も、いつも通りの時間に目覚めた。

興奮して早すぎる目覚めを予想していたが、普通の朝だった。

いつも通りラジオを聞きながら朝食をとり、服を着替えて家を出る。

いつもと違うのは荷物の重さだった。

列車と飛行機を何度も乗り継ぐから、機内持ち込みサイズのソフトキャリーバッグにして、重量も(ほとんどの航空会社で追加料金が取られない)8kgに収めてもなお、重さを感じる。

 

大阪市営地下鉄を乗継ぎ、南海のなんば駅にあるマクドナルドでコーラをもらい、ラピートに乗り込む。

 

ラピートのシートポケットには池田泉州銀行の空港内店舗の広告が入っており、通貨両替のクーポンが入っていた。

 

前日までにユーロを2万円分チケットショップで買っていたが、デンマークの通過クローネはそこでは扱っていなかったため、駅で両替するつもりにしていたのでちょうど良かった。

 

関空でクローネを買い、フィンエアーのカウンターに向かう。

初めての海外一人旅。いよいよ旅の始まりを実感してゾクゾクしてくる。カウンターのお姉さんにEチケットをプリントしたものを見せて、ロバニエミまでの乗り継ぎを確認する。

 

「お荷物に刃物はないですか?」

と聴く、素晴らしい笑顔に

 

「(鼻毛を切るための)とても小さいハサミなら。」

と正直に答えてしまった。

 

「もしかすると検査で引っかかってしまうかもしれませんね。」

と言われ、怖くなった僕は荷物を預けてしまった。

 

あ・・・。

「機内持ち込みにしようと荷物重量を8kgに収めたんやった。」

でももうバッグはベルトコンベアに流されていってしまった。

考えないことにしよう。

 

 

そうしているうちに、見送りに来てくれた彼女が空港にやって来た。

僕が一人で行くことを内心寂しく思っているはずだが、

快く押し出してくれることに感謝しながら、カフェで一服。

そして出発ゲートへ。

「新婚旅行は2人でいっぱい楽しもう。」

という思いで彼女に手を振り、ゲートを潜った。

 

パスポートにスタンプをもらい、トラムに乗り込むと見えてきた。

 

フィンエアー

f:id:jun_53a_t:20150628204415j:plain

 

お盆前の木曜日というのに、ごった返しの待合所。

世間のみんなも有給を2日取ったということか。

この日と9日土曜日では航空券の値段も万単位で違っていたから、

みんな考えることは同じなのである。

 

そんなことを考えながらブリッジを歩いて機内に乗り込み、座席に着く。

 

「日本、ばいばい!」

2週間後には帰ってくるのに、そんな感傷的な気分になっていた気がする。

一人で行く興奮と、一人で国を発つ心細さが合わさっていた。

 

そんな気分とは関係なく、AY078便はヘルシンキに向かってエンジンを動かし始めた。