読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日無表情

常にフラットな気持ち

旅行-国内 旅行
広告

広島の呉といえば海軍。

 

呉に行きたいと前から思っていた。

広島から、快速に乗って約30分。

 

f:id:jun_53a_t:20150805172924j:plain

一瞬、「なんや!?」と思ったが、造船の街だからこれなんやね。

 

駅から歩道が伸びており道なりに進むとyou meタウンに入り、抜けるとそこには、

 

f:id:jun_53a_t:20150805173247j:plain

でかい!

海上自衛隊呉史料館」の潜水艦展示は知っていたが、実物がここまででかいとは!!

潜水艦も気になる所だが、まずは「大和ミュージアム」へ。

 

f:id:jun_53a_t:20150805173517j:plain

まずは特別展の「戦艦大和ミズーリ」から。

ミズーリから関連させて、日系移民の戦争や第二次大戦の終結について展示していた。

 

常設展は、呉港における海軍工廠の歴史とここで作られた軍艦・兵器について、大和の建造について展示していた。

 

そしてなんといっても一番の目玉は

f:id:jun_53a_t:20150805174145j:plain

1/100スケールの大和。

どこから目をつけていいのかわからないぐらい、でかい!

船の足元を360°歩ける。2階3階の通路も大和をぐるっと囲むように通っているので、隈なく見ることができる。

行く時には双眼鏡を持参を勧めます!

 

そして隣の「海上自衛隊呉史料館」。

ここでは海上自衛隊の活動の中でも掃海任務と、潜水艦について紹介している。

 

f:id:jun_53a_t:20150805174701j:plain

 

海に潜む機雷の実物、撤去の仕方、

 

f:id:jun_53a_t:20150805174733j:plain

潜水艦乗務の内容、実物の潜水艦内の見学ができる。

潜水艦内部はとても狭く、写真を取るのが難しかった。

これを読む人には是非、呉へ行ってもらいたい。