読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日無表情

常にフラットな気持ち

手ぶらで通勤

広告

自宅から職場まで、地下鉄に30分乗ります。

ドアtoドアでは職場まで40分。

最近その40分を快適にできるよう、手ぶらで通勤しています。

・携行品

  1. 携帯電話(iphone5s) Kindleアプリで読書もできます!!
  2. コインケース
  3. 定期入れ(銀行カード、免許証、クレジットカードも入れる)
  4. お札
  5. 家の鍵
  6. メモ帳とボールペン
  7. イヤホン
  8. 腕時計
  9. ハンカチ
  10. ティッシュ

・手ぶらのメリット

 ・満員電車でも他の乗客との距離感を気にしないで済む。

「かばんが当たらないように」とか気にしなくていいんです。これだけでストレスフリーですよ。また、体一つなので満員電車内の狭いスペースにも入り込めます。

 

 ・身体的負担0。

かばんを持つとアレもコレもといろいろ物を入れてしまいます。結果、かばんが重くなって肩をこるんですよね。

 

 ・気持よく歩くことができる。

かばんを持たないで歩くと腕が自然に振れていて、軽快に歩けます。かばんがあるときの130%ぐらいのスピードで歩いてしまってます!

また、腕を振って歩くので仕事中に固まった肩まわりの筋肉もほぐれて肩こりの予防になります。自分は肩こりから頭痛をよく起こしていたのでこれは重要。

 

・残る課題

1.バッテリー

iphoneでラジオをBGMにkindleアプリで読書をして通勤するので、帰りには電池が残り20%になっていたりします。これでは心許ないので、家の鍵と一緒にカラビナに掛けられる小型のバッテリーと充電ケーブルが欲しいですね。

 

2.周りの目

かばんを持っていない自分を見て「仕事やる気あるの?」という反応をする人もいます。本当にめんどくさいですね。だから無視します。

 

一方で「それすごくいいですね!」とかばんを持たないスタイルに共感してくれる人ももちろんいます。そういう人には自分が工夫したことをサラリと伝えて支援していきます。