毎日無表情

常にフラットな気持ち

【お遍路】82番根香寺〜81番白峯寺 バス・歩き【逆打ち】

広告

お遍路の続きです。

82番の根香寺(ねごろじ)

81番の白峯寺(しらみねじ)

に行ってきました。

jun-53a-t.hatenablog.com

高松駅からバスで途中まで

 駅からはことでんバスに乗ります。

・ことでんバス下笠居線

 

高松駅から25分、「根香口」で下車します。

 

根香口のバス停は下笠居小学校より南東側の五色台タクシーの前です。

小学校の方に向かって歩き。小学校前の交差点を南西に曲がります。

山道を歩きつづけて

 

バス停の地点から根香寺までの道のりをgoogleで検索して出てくる、車での道を進みました。

f:id:jun_53a_t:20160105225810j:plain

高松の市街地、海が見える景色を楽しみながら歩いていると1時間15分ぐらいで到着しました。

冬といえどもずっと上り坂だったので結構汗をかきました。

 

しかしこの道、落石対策の工事のために通行止めとなるようです。

車やバイクでのお遍路さんは気をつけて下さい。

「遍路とおもてなし」通信:【注意!!】 82番根香寺周辺道路通行止めのお知らせ

 

(高松駅前の観光案内所のお姉さんの説明では「歩行者は工事中でも通ることはできます。」とのことでした。)

82番根香寺

f:id:jun_53a_t:20160105225910j:plain

いきなり怪物が出迎えてくれます。

伝説に残る牛鬼という、「人や家畜を食って人々を困らせていた」怪物なんだそうで。

牛鬼を退治したあと角を切り取って根香寺に奉納されているとのことです。

納経所にいた方に真偽を確かめると、

「確かに奉納されております。でも公開はしていないんです。」と教えてくれました。

 

お接待

次の白峯寺までの道は、さきほどの牛鬼像の近くにある便所の裏から続いています。

https://www.instagram.com/p/BAJP8NiHavE/

根香寺→白峯寺#この道を1時間半って大丈夫?#お遍路#一人で

入るのをためらうような道ですが迷わず入りましょう。

信じて進むと・・・

 

f:id:jun_53a_t:20160105225935j:plain

けもの道を5分ほど歩くと地元の子供達が学習の一環として儲けた接待所があります。

外にはお茶とお菓子がおいてあり、

f:id:jun_53a_t:20160105225949j:plain

中で靴を脱いでくつろぐことができます。

いやぁ、お接待という文化はいいですね。すばらしい!

www.google.com

入り口はけもの道でしたが、先の休憩所を過ぎるとずっと舗装された車道です。

また、自衛隊演習場までは上り坂が多いのですが、過ぎるとほぼ下り坂です。

 

自衛隊演習場付近で車道と違うルートをgoogle先生は示してくれましたが、

車道に沿った方が歩きやすいです。

81番白峯寺

f:id:jun_53a_t:20160106171938j:plain

寺に入ったころにポツリと水が顔に落ちてきた。

「やばいかな。」と思った。

長距離歩くために荷物を減らそうと、香川の天気予報を見て折りたたみ傘を置いてきたのがいけなかった。

 

納経を済ませて、納経所の軒先で空を見つめていると

「私が仕事終わるの早かったら山の下まで乗せて行ってあげられるんやけど・・・」

 

声の主は、納経帳に書き込んでくれた寺のお母さんだった。

お寺は17時まで開いているのだが、この時点でまだ16時だった。

 

自分が行くのがもう少し遅い時間だったら、17時に寺を閉めてから車に乗せてくれるつもりだったらしい。

 

そのお気持ち、言葉がけで十分すぎるほどに嬉しさがこみ上げてきます。

お母さんの優しいお気持ちと、「せめてこれでも」と事務所から出して下さったみかんをもらってタクシー会社に電話しました。

 

SKタクシー(℡0877-44-1111)は10分ほどで山門まで来てくれました。

白峯寺山門からJR八十場駅まで2800円でした。

 

お接待の精神をもつお母さんのあたたかさに触れて、すがすがしい気持ちで車窓を見つめると火野正平さんが「おっぱい」と表現した山が見え、ニヤリとしてしまいました。

f:id:jun_53a_t:20160106231841j:plain

 

お遍路に必要なものはAmazonで買いました。

自分は輪袈裟、経本、納経帳の3つを揃えました。