毎日無表情

常にフラットな気持ち

ブリッジ・オブ・スパイ

広告

f:id:jun_53a_t:20160125063141j:image
トムハンクス主演

・冷戦時のアメリカでソ連スパイが捕まる
・トムハンクス演じる弁護士にソ連スパイの弁護依頼が来る
・トムハンクスとソ連スパイが関係を築いていく
ソ連に米軍人が捕まる
ソ連側からトムハンクスに、米軍人とソ連スパイの交換交渉が持ちかけられる
・トムハンクスはソ連と交渉に入る

という流れのストーリー。

しかし、思いもよらない出来事が東ベルリンで起き、そのことがソ連とトムハンクスの交渉に影響を与えます。

東ベルリンでの出来事が、トムハンクス演じる弁護士の人格をより際立たせると同時に、物語に緊張感をもたらします。


映画自体、序盤は冗長な感じがあり眠たくなりましたが、話が進むに連れて面白みが増してきます。

ベルリンとニューヨークで主人公が列車から景色を眺めるシーンが対比になっていたのは印象的。

点数をつけるなら、5点中4点!