読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日無表情

常にフラットな気持ち

ユニフォーム変えすぎ!!スタンドゴチャゴチャ問題【プロ野球】

野球
広告

日本のプロ野球チームってユニフォームのデザインをコロコロ変えすぎでしょう!!

おかげでスタンドがごちゃごちゃやん!!と思ってます。

なんとかして!

f:id:jun_53a_t:20160203194451j:plain

 

 

例えば阪神タイガースのホームユニフォーム

阪神タイガースの公式サイトにユニフォームの変遷を扱ったコンテンツがある。

ホーム、ビジター、特別ユニフォームについて細かく紹介されている。

hanshintigers.jp

 

2000年以降のホームユニフォームの変遷は、というと

 

2001年〜2006年

f:id:jun_53a_t:20160203195011j:plain

 

2007年〜2011年

f:id:jun_53a_t:20160203195019j:plain

 

2012年〜2014年

f:id:jun_53a_t:20160203195031j:plain

 

2015年〜

f:id:jun_53a_t:20160203195035j:plain

 

と15年ほどの間に4回も変わっています。

このため球場では各年代のレプリカユニフォームを着たファンが存在してごちゃまぜになっちゃってます。

 

これはこれでそれぞれのユニフォームの時代にまつわる思い出も蘇ってくる、という楽しみもありますけど。

 

とはいえ、80年以上の歴史をもつ伝統球団として、コロコロ変えすぎるのはどうなんでしょうか??

スタンドに統一感がないのはどうなんでしょうか?

これは阪神以外の球団にも言えますよね。

 

ちなみに僕は2007年〜2011年の黄色を使ったデザインが好きです。藤川球児、赤星のユニフォームを持ってます。

 

アメリカの伝統球団ヤンキース

と、ここでアメリカの伝統球団、ニューヨークヤンキースのユニフォームを調べました。

National Baseball Hall of Fame - Dressed to the Nines - Uniform Database

 

f:id:jun_53a_t:20160203200245g:plain

これ、何年のユニフォームだと思います?

 

 

 

なんと1936年なんです!!

 

白地にピンストライプ、胸にNYロゴは80年前から続いているんです。

この変えない姿勢が伝統球団としてのブランドをより高めているように考えられます。

 

コロコロと買えるのはグッズ収益のためか

では、なんで日本のチームがこれほどコロコロとデザインを変えるのか?

それはレプリカユニフォームが売れるからでしょう。

 

今や、野球観戦にユニフォームは欠かせません。

甲子園で観ている感じだと、3人に1人はユニフォームを着ているんじゃないでしょうか。(あくまで僕の感覚です)

甲子園は4万5000人入るので、1万5000人が着ている計算。

ユニフォーム1枚の値段は安くても4000円はするので、6000万円は売上があるのでしょう。

これは1試合観戦者4万5000人あたりの試算ですが、阪神ファンだけでも何万人と存在し、1人で数枚所有する人もいるのでもっともっと売上がありますよね。

 

提言

ユニフォームのデザインを統一するべし。

 

そうすることで

・伝統球団のブランド力が高まる

・スタンドの色が統一される

f:id:jun_53a_t:20160203202236j:plain

とくにスタンドの色は統一して欲しい!

 

上の写真は2014年の日本シリーズで、球団が黄色のプラカードを配ることで成功したスタンドの黄色化。

写真ではいまいち伝わりにくいのですが、これは球場で観ていて本当に気持ちよかった。

 

この年のポストシーズンマートンツイッター

 このようにファンに呼びかけていましたよね。

 

広島ファンは甲子園でもこうなってました。

f:id:jun_53a_t:20160203202639j:plain

 

やっぱり甲子園も黄色に染めるべき!!

 

ということで、

・ホームユニフォームのデザインはどこかで固定する。

・ビジターユニフォームを黄色地のもので固定する。

・グッズとしてもホーム・ビジター以外は売らない。

ピンクなんてもってのほか!!

 

どうでしょうか?阪神タイガースさん。