毎日無表情

常にフラットな気持ち

飛行機好きにオススメ!アメリカ発クッションカバー Airportag

広告

かなり良いデザインのクッションカバーを買いました。

f:id:jun_53a_t:20160305164625j:plain

 

各空港に設定されているレターコード(アルファベット3文字)をモチーフにデザインされたもの。

これはアメリカの旅好きデザイナーが生活の中にも旅を取り入れようという発想で展開するAirportag というブランド。

airportag.com

 

僕は初めての海外旅行で降り立ったロンドン・ヒースロー空港のものを選びました。

f:id:jun_53a_t:20160305164929j:plain

 

ヒースロー空港のタグ、LHRの周りをブリティッシュ・エアウェイズっぽいカラーリングで飾ってあり、飛行機好きには堪らないデザインです。

 

注文から到着まで

クッションカバーのサイズは4種類。

40 x 40 cm/46 x 46 cm/50 x 50 cm/66 x 66 cm

各サイズ、

カバーのみ/クッション入り

が選べます。

クッション入りだと7〜8ドル高くなります。

 

大阪までの配送料は10ドルです。

 

僕は

40 x 40 cm/カバーのみ/大阪までの配送で34.9ドル、日本円にして4200円ぐらいでした。

正直カバーだけではかなり高いと思いますが、このワクワクするデザインを買わないわけにはいかないでしょう。

 

注文するとすぐに来たメールもボーディングパスのようなデザイン!

f:id:jun_53a_t:20160309225607j:plain

こんなところまでデザインをこだわるところに、このブランドの良さがわかります。

 

そして注文から1週間という速さでポストに届いていました!

 

クッション以外にも

ポーチやトートバッグ、スマホケースまでいろいろな商品を展開しています。

デザインも世界中の様々な都市やエアラインを扱っています。

そのデザインパターンも次々と増えており、

「この空港をデザインして!」

とリクエストを受け付けてもいます。

 

エアラインまわりのデザインが旅心を掻き立てる

エアラインモチーフのグッズって、鉄道グッズなんかと違って、

「旅行感」を強く感じさせてくれます。

 

それは飛行機という空間が”非日常”であることから来ていると思います。

その”非日常”のなかにあるデザインを日常生活に持ち込むことによって、

日常生活の中にふらっと”非日常”を感じさせる瞬間ができ、

旅行感をかきたててワクワクさせてくれるのです。

(鉄道は日常生活に溶け込みすぎて非日常感が無いんですよね。)

 

関西では次の2つもオススメです。

www.notamkobe.com

www.kix-online.com