毎日無表情

常にフラットな気持ち

日本発 フィンエアービジネスクラスが29万円

広告

新婚旅行でヨーロッパに行ってきます。

7月から8月にかけて2週間程、ヨーロッパへ新婚旅行に行きます。

せっかくの新婚旅行。
ちょっと奮発してビジネスクラス

しかし、航空券の検索をかけると、
5、57万円!?!?!?
べらぼうに高いのです。

ただ、ちょっとしたコツで30万円以下で予約できることを見つけました。

 

 

フィンエアーのサイトでの予約方法

フィンエアーのホームページを開くと、航空券予約のフォームが出てきます。

f:id:jun_53a_t:20160427211109p:plain

 

1「出発地」のフォームをクリックする。

その「出発地」のすぐ上に、

「往復」「片道」「複数の目的地」「世界周遊」と表示されます。

f:id:jun_53a_t:20160429174807p:plain

2その中の「複数の目的地」にチェックを入れる。

3出発地と到着地を入力する。

出発地に「釜山」、到着地に「ヘルシンキ
出発地を釜山、到着地をヘルシンキ(もしくはヨーロッパ内就航地)にして、
下の欄には
出発地にヘルシンキ→到着地に日本の就航地
を入力するだけです。

 

すると
釜山→成田→ヘルシンキ→日本内就航地の長〜い片道航空券になるのです。

 

僕の場合は、
釜山→ヘルシンキ(成田経由)、
ヘルシンキプラハ
プラハヘルシンキ
ヘルシンキ関空
のルートにしました。

これで1人28万ちょっとです。

 

気をつけること

釜山→成田を乗らずに、
成田から出発できるのか?

 

というとこれはできません。
出発地釜山でチェックインしなければキャンセルとみなされるのです。

 

ということで、日本〜釜山までの航空券も確保しなければいけません

 

最寄り空港からの航空券を調べると、
ピーチや韓国系LCCで8000円台で買えます。

自分はLCCでは心許ないのでJAL関空→釜山(大韓航空とのコードシェア)を片道5万で予約しました。
なのでトータルで34万円という価格です。

 

フィンエアーJALコードシェア

これはフィンエアーが釜山にも就航するために、

成田〜釜山間をJALとのコードシェアという形をとっているため、

 

海外発でありながら日本発着便に乗れるようになっているのです。

 

いやあ、人生初のビジネスが楽しみですな。