毎日無表情

常にフラットな気持ち

アイドルの歌を歌うとダサくなるよ

広告

アイドルの歌を歌ってみたけどダサくなってしまって、アイドルの大変さを実感した話。

職場のお祭りで、職員5人で嵐の「GUTS」を歌うことになった。

楽譜が配られ、それぞれ音源を聴いて練習に臨んだものの、、、


ダサい!
なんでこんなにダサくなるんだ!

嵐が歌っているのはあんなにもカッコよくてキャーキャー言われているのに!!

考察
1.嵐自体がダサいのか。

嵐はださいのか?
いや、そんなことは無いだろう。
二宮くん、桜井くん、松潤、カッコいいだろう。
それぞれの持ち味を活かした活動をしていて、「ただのアイドル」という枠組みからはみ出してしまっている。

うん、かっこいい。

テレビをあんまり見ないから、あと2人はあんまり印象にないけど、きっとかっこいいはずだ。

この考察は成り立たない。

2.嵐の曲がダサいけど、嵐の格好良さでカバーしてしまってありあまるほどの魅力を出しているのか。

嵐の曲を他の歌手が歌っているのを想像して、それでもかっこいいと言えればこの仮説も否定できることとする。

B'zが歌うと…「viva青春」とシャウトされるとどうもなぁ…。

サザンが歌うと…桑田さんが「viva青春」って…。

あれ?もしかしてこの「viva」がだめなんじゃないの?

ビバ!って


結論
アイドルの曲自体はそんなにカッコよくない。
カッコよく見えるのは歌うのがアイドルだからだ。

もちろんダサいかどうかは個人のモノサシによる。