毎日無表情

常にフラットな気持ち

【プラハ観光】1日足らずで名所を周れてしまう「王の道」

広告

プラハ人の冷たさに恐怖を覚えた上陸1日目。

jun-53a-t.hatenablog.com

一晩寝て英気を養い、2日目は勇気を出して外を歩き回りました。

そしたらあら不思議!

プラハの美しさを堪能できました。

その日のルートを紹介!!

地下鉄・トラムの共和国広場駅からスタートして、

f:id:jun_53a_t:20161012222316j:image

市民会館

写真撮り忘れてた・・・・!!

 

火薬塔

f:id:jun_53a_t:20161012222955j:image

旧市街広場

f:id:jun_53a_t:20161012222354j:image

 

カレル橋

f:id:jun_53a_t:20161012223101j:image

 

プラハ城

f:id:jun_53a_t:20161012223140j:image

と巡って行きました。

 

火薬塔〜旧市街広場

この通りは、古い建物が並んで観光客向けの店が多いです。

途中、プラハ名物のマリオネット屋さんや、チェコ雑貨のお店を見ながら歩きました。

f:id:jun_53a_t:20161013070148j:image

 

旧市街広場は名所の宝庫です。

フス像、いくつもの教会、カフカの生家、時計台と見どころありまくりで、この広場だけで3時間も使いました。

中でも時計台からの見晴らしは最高です。

一度ナチスに破壊されても、戦後復興で元の姿に近づけたプラハ人のバイタリティはすごい!!

f:id:jun_53a_t:20161013070228j:image 

あと、ここの広場ではスペインの旗を持った集団が陽気に歌って歩き周っていました。

プラハ滞在中にあちこちで見かけた陽気なスペイン集団は何者!?

 f:id:jun_53a_t:20161013071114j:image

 

旧市街広場〜カレル橋まで

道がキュッと狭くなって雰囲気があります。

この辺りにならぶレストランは観光客向けて多国語メニュー、愛想のいい店員さんがいるので安心。

f:id:jun_53a_t:20161013071204j:image

 

こんなミュージアムも!

f:id:jun_53a_t:20161013071239j:image

 

カレル橋

人で埋まっていました。

橋からプラハ城を眺める人、露天を見る人、自撮りする人・・・。

でもここでにわか雨!一気に橋から人が消えました。

f:id:jun_53a_t:20161013071424j:image

 

カレル橋〜プラハ城は上り坂です。

この辺りは建物が少し新しいです。

 f:id:jun_53a_t:20161013071500j:image

 

プラハ城

登りきったところで門に到着!

衛兵の交代式を見て入城すると・・・

 f:id:jun_53a_t:20161013071530j:image

どでかい教会!

f:id:jun_53a_t:20161013071600j:image

ここの教会が最高でした。ミュシャデザインのステンドグラスは圧巻!お金を払って見る価値あり!!

f:id:jun_53a_t:20161013071624j:image 

教会からお城の奥へ行くと、黄金の小道なるステキな通りがあります。

f:id:jun_53a_t:20161013071645j:image

土産物屋、武器博物館があります。

武器博物館!!

f:id:jun_53a_t:20161013071749j:image

 

所要時間と帰り道

10時頃に共和国広場を出発して、16時頃にプラハ城を出ました。

帰りは白の北からトラムでホテルに戻りました。

トラムはカレル橋の南にある橋を渡ります。トラムからみるカレル橋もいい眺めです。

f:id:jun_53a_t:20161013071819j:image

旅行-2016夏 フィンランド・チェコ カテゴリーの記事一覧 - 毎日無表情

jun-53a-t.hatenablog.com