読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日無表情

常にフラットな気持ち

【WBC】大谷翔平の欠場が日本プロ野球の盛り上がりにつながるはず。

広告

試合ごとに盛り上がりを見せる野球の世界大会、第4回WBC。

大谷翔平が代表にいないから安心してTV観戦ができる。

f:id:jun_53a_t:20170317101416j:image

代表選考を辞退

日本は第1・2回大会で連続優勝し、第3回大会ではベスト4と世界のトップレベルの実力を発揮してきたなかで、野球ファンからは大会前からとても期待されていた。

その代表選考の中で、チームの主軸として期待の大きかった北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手がケガのために出場を辞退。ファンの落胆の声が大きかった2月の騒動は忘れられかけている。

f:id:jun_53a_t:20170317101518j:image

大谷翔平はピッチャーとしてもバッターとしても超1流の成績を残し、ピッチャーとして相手打線を抑え、バッターとして点を奪う二刀流での活躍をWBCでも期待されていた。

そんな彼が日本代表にはいない。

でも、彼の欠場がこれから数年の日本プロ野球の盛り上がりに繋がるに違いない。

もちろん日本のリーグで異次元の活躍を見せる大谷翔平が、世界の舞台でどんな活躍を見せるのかは観てみたかったし、楽しみだった。

 

大谷が出るとマスコミが鬱陶しくなる

しかし、大谷翔平の活躍に伴うマスコミの過剰な報道は野球ファンとしては鬱陶しい。その思いは以前記事にした。

日ハムは大谷のチームじゃない。ということ。 - 毎日無表情

ちなみにこんなネットスラングもある。

さあ大谷だ! - 新・なんJ用語集 Wiki*

きっとWBCに大谷翔平が出ていたら毎日1面を飾り、テレビのニュースでも「侍・大谷が暴れた!」といった見出しばかりになっていたに違いない。

 

いろんな選手にスポットライトが当たる

しかし、大谷翔平がいないWBCではマスコミ的に目立つ選手がいないために、毎試合ごとに良い仕事をした選手がそれぞれ取り上げられている。キャッチャー小林、ピッチャー千賀、秋吉、牧田、外野筒香などがそうだ。

f:id:jun_53a_t:20170317101627j:image

彼らは日頃からプロ野球を見る層にはよく知られた存在だが、「WBCだから観る」といったライトな層にはおそらく初めて知られた存在だろう。そんなライトな層に日本のリーグの有望選手が知られることで、今後のプロ野球の注目度も上がることは間違いない。

 

これからWBCの準決勝に日本代表は進む。

代表選手たちにはいつも通りの仕事をしてもらい、「目立って」欲しい。

 

日本プロ野球の全選手を紹介する1冊。

投手なら投球における球種の割合、打者ならコースごとの打率を載せるといった、データが豊富な名鑑。このコンパクトさが球場観戦に持っていきやすくて、毎年買うシリーズです。