読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日無表情

常にフラットな気持ち

【お遍路】84番 屋島寺【バス】

旅行-国内 旅行-お遍路 旅行
広告

お遍路で香川県屋島寺へ行きました。

 

・鉄道とバスで楽に行けるよ

f:id:jun_53a_t:20160110111924j:plain

高松駅から高徳線の各駅停車に乗って23分、

屋島駅で下車

 

屋島駅の駅舎を出るとすぐにことでんバスのバス停があります。

JRの時刻に合わせてバスも出ているみたい。

 

JR屋島駅・ことでん屋島駅⇔屋島山上シャトルバス時刻表

 

このバスに乗ると屋島の山も楽に登ることができました。

途中、瀬戸内海も眺められる素晴らしい車窓!

 

・歩いて来ることもできるみたい

参拝をすると、次の下山するバスまでしばらく時間ができます。

バス停のすぐそばにある無料休憩所でのんびり待つこともできるが、

山門から舗装された山道が伸びており、

ここを下って行くと屋島小学校の方に出ることができろようです。

f:id:jun_53a_t:20160110112006j:plain

f:id:jun_53a_t:20160110112047j:plain

ここを下って行くと小学校へ出る

 

しかし、自分は前日に歩きすぎたせいで疲れてしまい、

この道を降りていく気力が湧かなかったので、バスを待ちました。

 

・帰りのバスで

帰りのバスでは地元の子供会のグループと一緒になり、

バスの中は小学生たちの無邪気さであふれていました。

 

その中のひとりの男の子に「どこまで行くの?」と声をかけたところ、

周りにいた子も全員で、

「瓦町!」「ことでんのえき!」「いえかえる!」などと

たくさんの返事が返ってきた。

 

ことでん屋島駅につくまで15分の間、

「どこからきたん?」

「彼女は?」

「なにしにきたん?」

「名前は?」

と女の子たちからの質問攻めにあってしまいました。

 

小学生の間では女子の方が強い。

男子にしゃべる隙も与えずにひたすらしゃべっていました。

 

この小学生たちは次に停まることでんの駅で降りるとのことで、

自分は終点のJRの駅で降りる予定でした。

 

ことでんの駅が近づき、

「一緒にことでん乗ろうよ〜」と

15分しか喋っていないよそ者に誘いかける、

香川の小学生たちの純粋さがこの旅で一番のおみやげになりました。